FXの基本

損切り貧乏にならない為にもFXの基本はきちんと身に着けておいた方がよいです。何事も基本技術を習得していないと、伸び悩みになって上達できないと言われています。

ゴルフを例にするとクラブを振るときは、腰は動かさないで上半身を思いっきり後ろに回すパワーが基本。それが出来ていないと飛距離が伸びていきません。その基本をしっかりとコーチに付いて練習したのと自分で覚えたのでは、上達の度合いが違ってきたりするものです。

そしてFXにも基本があるのを知っていますよね。FXの基本とは、損金をいかに押さえられるかです。

ですから自分の勝率がどの位かかを把握しておく必要があります。勝率とは、10回エントリーして何回予測が的中するかです。そこが基本で、どうやったら損金を押さえられるかが見えてくるのです。

そして実際のトレードで大事なのが「低めのレバレッジ設定」です。

知っていましたか?確かにレバレッジが掛けられるからFXは面白いです。でも初心者が、いきなり高いレバレッジを掛けるのは危険です。高レバレッジを掛けて、たまたま旨くいったとしても、後が続きません。下手をすると折角の証拠金を全て持って行かれて、追加入金なんてなってしまいますからね。

何故、低レバレッジがFXの基本かというと、ご自分の力量がまだ備わってないからです。FXとは本来手堅くやるものですから、例え利益幅は少なくてもしっかりと基礎を見つけてからでないとダメ。レバレッジを大きく掛けるFXに走ってしまうとギャンブルトレードになってしまいます。FXはギャンブルではありませんからね。

そしていよいよ実際にポジションを持つ際の戦略の基本をで大事なのが、ファンダメンタル分析では無いでしょうか。

FXは、為替がどう変動して行くかを予測できるようにならなければなりません。そこでFX初心者がまず習得すべき基本は、為替が何故変動するかです。でも為替レートが動くのは、経済的や社会的な出来事によって動きます。

さらに大口投資家がその動きに便乗して莫大なお金を投入。するとレートは必要以上に大きく動いたりします。ある国が国家政策で金利を引き下げなんて発表となると、レートはあっという間に動き出します。

ある国の指導者が変わるとこちらもたちまちのうちにレートが変動。為替のこういった変動を予測するのがファンダメンタル分析ですが、FXの基本中の基本ですからしっかり身に付けないとFXはできません。常に世界情勢、政治・経済ニュースに敏感になるように、さらに情報を直ぐに確認出来るようにスマホアプリなんかも確認しておきましょう。