「損きり貧乏」にはなりたくないのですが

日本円の為替レートは、少しずつ円安が進んでいますが、何か大きな経済破綻などの要因が無い限り一気に大きくは動いていきません。だからFXをやっていてもデイトレードで1日1円も動けば、多きいほうですよね。

そうなってくるとやはりFXトレードでは、レバレッジをたくさん掛けていかないとトレードの意味がなくなってしまいます。でもレバレッジのリスクは、今のところあまり起こってない予想外のレート変動です。

でもあまり動かないと予測していいるともしものことがあれば、大損失となってしまうのです。ですからやはりFXの基本的な手法の損きりタイミングの設定が必要となってくるのです。損きりとは損失を抑えるためにやりますが、損きりばかりやっていると「損きり貧乏」の心配がでてくるんですね。

では損きりのタイミング設定や仕方はどうすればいいのでしょうか?

FXトレードでは、レートの動きが予測どおりに動くとは限りません。ですから損失が大きくなっていくと、どこかで損きりをしてトレードをストップさせなければなりません。

でも損きりをするタイミングは、そんなに簡単ではないのです。早すぎて後で持ち直すなんてありますし逆に遅すぎると大損害となってしまいます。

ですから損きりのタイミングは、トレードを開始したときにあらかじめ設定しておくべきものです。

損きりのタイミングですが、仮に上昇トレンドと予測したのに下がり始めた場合は、どこまで下がったら損きりするのかを決めておいて見たら如何でしょうか。要は下降トレンドに入っていったという見極めをどうやっていくかなのではないでしょうか!